北極や南極で見ることができるオーロラが日本の北海道でも観測される

普通ならば北極や南極で見ることができるオーロラが、日本の北海道でも観測されるのだそうで、10数年ぶりという非常に珍しい現象なのだそうです。

そもそもオーロラが見られる原因は、太陽が爆発して電気を微粒子が地場の影響で北極圏や南極圏に集まり、オーロラを観測できるのはそうです。

ところが普段よりも太陽の活動が活発な際には放出される粒子の量が多くなり、北海道のようなが離れた地域でもオーロラが観測できることがあるのだそうです。

つまり北極や南極にオーロラを観測できるツアー等がよくありますが、運がよければ北海道でも見ることができるということなのかもしれません。

そういえば北欧の方でもオーロラが観測できる地域があるかと思いますが、見ることができる場所がかなり広範囲に広がっているラッキーな時期もあるということなのでしょう。